邪神と軍神


 肉体を強打する音とくぐもったうめき声が、その場に重苦しく響いた。
 まるで糸の切れた操り人形のように膝から地面に崩れ落ちた男を見下ろして、ロキは血のにじむ唇から細く息を吐き出した。微かな痺れと痛みを発する右のこぶしを逆の手でおさえながら、吐き捨てるように言う。
「軟弱って言葉、そっくりそのまま返してやるよ」
 しかし、とうに意識を手放している男から返事があるはずもない。足下の微動だにしない相手を見るロキの緑がかった青色の瞳から、猛る獣に似た光が引いていき、かわりに空虚さをはらんだ闇が浮かんでくる。
 風が通り過ぎ、草木の外れや鳥の鳴き声が淡白に辺りに響く。
 高ぶった気分がいくらか落ち着いてくると殴られた箇所から感じる熱と痛みが強くなって、ロキは顔をしかめた。渇いた口内に血の味がする。
 こんなところにいつまでもいる意味は、自分にはない。
 さっさとこの場を去ろうと思い体を動かしたとき、喧嘩で乱れた長い黒髪が視界を遮るように顔の前に垂れてきた。ロキは顔を横に振り、左手で後ろに払い除ける。
 と、適当に視線をやった場所にこちらを見ている数人がいることに気がついた。遠巻きの見物者達にたちまち不快感を覚えてロキが睨みつければ、皆一様に空々しく目をそらした。
(文句も言いにこれないのか)
 ロキは舌打ちして視線を外し、倒れた男を一瞥することもなく足早に歩き出した。
 体の周りで揺れる髪は乱れ、唇や額には流血の跡が残り、服にもところどころ赤茶けた染みが付着している。端正な顔がときどき痛みに歪む。
 明らかに荒事を起こしたあとだとわかる出で立ちのロキに、通り過ぎる誰もが視線を寄越す。そこに含まれているのは、心配や同情といった類いのものではない。
 遠慮なく向けられる侮蔑や好奇な目に雑言を吐きたくなるが、感情と距離をおく賢明な思考がこれ以上の問題事はやめておいたほうがいいと判断を下して、ロキは苛立ちを内に堪えて歩き続ける。
 向かう先は、居候しているオーディンの館でも、エイルの診療所でもない。目指しているのは人気のない場所、求めているのは傷の手当てではなく泡立った心を静められる時間だ。
 建物が並ぶ居住区を一度も立ち止まることなく抜ける。時刻はすでに昼下がりを過ぎ、そろそろ夕闇が迫り始める頃で、建造物はなく木や花が少しあるだけの草原のような場所に人影は見えない。
 ……この辺ならいいだろう。
 ロキは長く伸びた木陰の中に腰を下ろし、やがてゆるゆると草の上に横になった。仰向けで、傷に響かないようにゆっくりと深く呼吸しながら、瞼を下ろす。全身の力を抜いて、心臓の鼓動をとらえ、自分が淡い薄黄色の光に包まれていくのを想像する。擦り傷、切り傷、打撲……身体中にできた傷が一層強く熱を発して、一呼吸のあと、ほどけるように消え去っていった。
 頭の中に満ちていた暖色の像が溶けるように闇に沈んでいってから、ロキは目を開いた。一度、天に向かって右腕を上げてみる。痛みや不快な熱はどこにも感じなかった。
「………」
 魔術によって外傷は治ったが体はだるく、ロキはすぐに起き上がる気にはなれなかった。枝葉の間からこぼれ落ちてくる、真昼の鋭さをなくした陽光に碧眼を少し細めて、肌を撫でる風の軽い感触と葉擦れの音を耳にしながら、寝転がった状態でぼんやりとする。
(……誰だ?)
 ふと、草を踏む音と誰かが近づいてくる気配を察知して、中空に緩慢に漂っていたロキの思考がはっきりと現実に浮上した。
 すぐに半身を起こして、気配のほうに振り向く。視界に入ってきた、こちらに歩み寄ってくる人物にロキは警戒心を強めて顔をしかめた。
 視線の先に映ったのはひとりの男だ。耳ほどで短く整えられた黒みをおびた茶色の髪に、それよりかはいくらか明るい同系色の瞳。均等に筋肉のついたその体は、男が戦いに慣れていることをうかがわせる。しかし、不思議とまとう雰囲気には、戦の中に身をおく者の荒々しさは感じられなかった。
(あいつは……軍神のチュール、だったか)
 視界の男のことをロキは記憶から引っ張り出したが、名前と簡単な役割ぐらいしかわからなかった。彼とは交流をしたことがほとんどないのだ。今までにした会話といえば、二言三言の挨拶程度で回数も少ない。興味をもって軍神のことを他者に尋ねたこともないため、具体的にどんな人物なのか全くといっていいほど知らない。
 一体、何の用なのだろう。少なくともロキには、今彼と顔を合わせる必要性さえない。偶然か、気のせいかとも考えたが、目的地になり得そうな場所は見当たらない。
 チュールは、たしかにまっすぐ自分のほうに向かってくる。
 そして、二歩分ほど手前で足を止めた。
「また喧嘩をしたらしいな、ロキ」
 茶色の双眸でロキを数秒見つめてから、チュールが発した第一声はそれだった。その口調は穏やかで、表情には一欠片の険しさもなく、目の前の相手を咎めている様子ではない。
「だったら、なんだ。あんたも喧嘩を売りにきたのか」
 しかし、ロキは警戒心を緩めず、碧眼に剣呑な光をにじませて言葉を返した。
 チュールが言った通り、ロキは二日前にも怪我をともなうほどの喧嘩を起こした。その一日前とさらに前にも、別の奴と殴り合っている。原因は、新しくアース神族に仲間入りしたロキの出身についてのことがほとんどだ。主神であるオーディンに気に入られている、というのも少なからずある。発端はいつも他の神々なのだが、因縁をつけられたらロキは受け流すどころか、相手の気分を逆撫でするような応酬をするため、しょっちゅう殴り合いの喧嘩に発展している。もっと柔軟に対応したほうがいいとオーディンに何度か言われ、ロキも頭ではわかっているのだが、アースガルドにくる前にいた場所での習慣はそう簡単に抜けるものではない。
 今も眼前に立つ相手が地位の高い者だとわかってはいるが、喧嘩腰の態度を変えることができない。
 しかし、ロキの無礼をチュールは全く気にした様子はなく、眉一つ動かさずに会話を続ける。
「いや、違う」
「じゃあ、何しにきたんだ」
「おまえの相手だったあの男は、おれのところの召使いだ」
(……なるほど)
 喧嘩ではないなら、報復にきたのか。
 チュールがわざわざこんなところにまで足を運んできた理由をそう決めつけて、ロキの双眸は鋭さを増して半眼になった。
 今までよりも格上の相手だ。今回はさすがにオーディンに手酷く怒られるかなと頭の端で思いながらもロキに引く気はなく、軍神の相手をするために立ち上がる。
 そのつもりだった。
(なんだ?)
 腰を浮かそうとしたとき、目の前の相手から妙なものを感じた。ロキは心に引っかかった違和感の正体が気になり、動作を止めて探るようにチュールを見据えた。
 あれだけ敵意を受けてもその表情は無に近いままで、落ち着いた雰囲気もやってきたときと何ら変わりはない。見返してくる茶色の瞳にも、尖ったものは見受けられない。しかし、ほんの少しだけそこに変化があることをロキは気がついた。冷静さと穏やかさの中間の双眸に、それらとは別の感情がうっすらと浮かんでいる。怒り、ではない。
「ロキ」
 チュールがあらたまったように名前を呼んでくる。その声色を耳にしてロキははっとした。彼が抱いている感情の正体がわかった。
「謝罪なんて聞かないからな!」
 眼前の相手の続くだろう言葉を遮りたくて、ロキはとっさに声を荒げていた。
 突然の怒号にチュールは目を瞬いた。表情には小さな驚きと疑問が浮かんでいる。
(冗談じゃない……!)
 相手の反応がさらに、自尊心を傷つけられたことによる苛立ちに変わる。チュールが自分のところにやってきた本当の目的を悟って、ロキは歯を噛み締めた。
 茶色の瞳に見えたのは、ロキへの詫びの念と心配だった。チュールは報復をしにきたのではない、喧嘩の相手だったあの男の主人として謝りにきたのだ。
 普通なら、自分よりも格の高い軍神と問題を起こさずにすんだことを喜ぶべきなのだろうが、ロキの胸中にふつふつとわいてきたのは怒りの感情だった。
 同情、憐れみ……チュールの行動の意味をロキはそう受け取った。それらはロキにとって何よりも嫌いなものだ。謝罪されるぐらいなら殺気を向けられたほうがましだ、と物騒なことさえ思ってしまうほどに。
「ロキ」
 チュールが再び名を呼ぶ。まるで、最初とは別種の怒りを向けるロキの思いを読み取ろうとするかのように、静謐な瞳で見つめてくる。
 今度は何を言う気か、また謝るのか、と身構えるロキに、チュールはゆっくりと言葉を重ねた。
「怪我は大丈夫か?」
「……魔術で治した」
 ぶっきらぼうにロキが答える。
「そうか」
 チュールは小さくうなずくと、それ以上は何も言うことはなかった。踵を返して歩き出す。
 きたときと変わらない静かな足取りで居住区に戻っていく彼の背中を、ロキはどこか気の抜けた顔で困惑気味に見送った。
(なんだ……あいつ……)
 自分の思いを汲み取ったのか、それとも諦めたのか。怪我について訊ねただけで去っていったチュールの思考の動きが、ロキには全く理解できなかった。
 しかし、胸中には不完全燃焼といった感じに澱が残ってはいるが、面倒な状態から脱出できたことはたしかだ。
 ロキは軍神を訝しむ自分自身にあんな奴のことは気にするなと言い聞かせて、吹っ切るように居住区に背中を向けた。
 気がつけば、陽光はすでに朱色をおびて、大気は夜の冷たさを含み始めている。あと一時間もすれば、辺りには闇が落ちることだろう。
 暗くなる前に帰ろうかと思いながらも、ロキは一向にその場から動かなかった。何をするわけでもなく、刻一刻と周囲から光が弱まっていくのを見るともなしに眺める。
 夜の気配が濃くなっていくにつれて怒りは冷め、しかし心は安定するどころか沈んでいく。虚しい気分になってくる。
 産まれ育った巨人の世界を裏切るように去って、自分はこの、神の世界にやってきた。きっかけは偶然だったとはいえ、自分の現在と未来を変えることができる好機だと思った。だから、ここにくることを選んだ。
 なのに、このざまだ。
(くそ……)
 ロキは頭を左右に振って、額に手をあててうつむいた。
 これでは、巨人の世界にいたときと変わらない。
 頭の中に薄暗い森の景色が浮かび上がってきて、息苦しさと鈍い胸の痛みを感じる。自分と似た青と緑を混ぜ合わせたような色合いの目が、記憶の中からこちらを見る。その眼差しに温かみはない。あるのは、冷えきった感情だけだ。
「――ロキ」
「!」
 突然すぐそばで聞こえてきた声と肩に感じた重みに、ロキは怯えたように体を震わせた。記憶と現実が交ざった思考のままでほとんど反射的に声のしたほうに振り返って、碧眼を見開いた。
「どうかしたのか」
 そばにいたのは、帰ったはずのチュールだった。ロキの傍らに片膝をついて、きょとんしたような表情で見つめてくる。
「チュール……? いつ……戻ったんじゃ……いいや、また、何しにきたんだ?」
 未だ心と思考がうまく噛み合わず、途切れ途切れにロキは言った。
「ここに着いたのは、おまえが顔を下げていたときだ。後ろから何度か呼んだんだが反応がなくてな。おまえにこれを持ってきたんだ」
 律儀にチュールが答えて、ロキの目の前の地面に水の入った小さな木桶を置いた。そのふちには布が一枚かけられている。
(なんだよ、これ……)
 惑いの他を覚えられない物を目にして、心と思考がようやく現実に追いつく。
 ロキは顔をしかめて、疑問の対象からそれを持ってきた相手に視線を戻した。
「なんで、木桶と布なんだ」
「……くしのほうがよかったのか?」
「そういう意味じゃない!」
 乱れた黒髪をまじまじと見つめて首をかしげたチュールに、思わず大声で突っ込み返してからロキは疲れたように息を吐いた。
(本当に何なんだこいつは)
 しかし、ロキの困惑に気づいた様子はなく、チュールは相変わらずの調子で会話を続ける。
「オーディン様のところに帰る前に、血を拭っておいたほうがいいと思ってな」
「血……?」
 ロキが意識して顔を触ると、指の腹にざらついた感触がした。見れば、赤茶色をした粉っぽいものがついている。乾いた血液だ。
「………」
 ロキは眼前の相手に何か言うべきだと思った。だが、何を言えばいいのかわからず、結局、無言で木桶を見下ろした。水面にぼんやりと映る自分の顔は無愛想で薄汚れていて、なんだか妙に間抜けに見えた。
「ロキ。ここでの生活にまだ慣れていないのはわかるが、あまり問題は起こさないほうがいいぞ」
 水面が微かに揺れる。チュールが動く気配がする。
 ロキが少しだけ顔を上げれば、視界に映ったチュールは立ち上がり、背を向けて歩き出したところだった。
 声をかけるのなら、今ならまだ間に合う。何か……と思ったが、やはり言うべき言葉は見つからなかった。
 木桶と布と謎を残し、チュールは一度も振り返ることも立ち止まることもせずに居住区の中へと消えていった。
 静寂が夜の気配とともにロキひとりだけとなったその場に漂う。
 最後までよくわからなかった。チュールの真意は一体何だったのだろうか。自分に会いにきたのは言動の通りなのか、何か裏があってのことなのか。
(……変な奴だ)
 ロキは先程までのことを思い返して考えたが、たどり着けた答えはそれだけだった。彼への謎は解けそうにはなかった。むしろ、深く考えれば考えるほど疑問がこんがらがっていく感じがした。
(……どうでもいい)
 あいつと自分とでは根本的に思考が違うんだ、とそう結論づけて、ロキは残された物のほうに思考も視線も移した。
 これは、どうするべきか。
 施しを受けるようなのが癪で、木桶をひっくり返して中身をぶちまける、という考えが真っ先に浮かんできた。が、そんな子供じみたことをしたらすっきりするどころか、みじめになるだけの気がした。
 なら、ここに放置しておくか。
「……ちっ、うっとうしい」
 しばらくの逡巡の末にロキは布を手に取った。清潔感あふれるそれを強く一睨みしてから、やや乱暴に桶の水の中に手ごと突っ込んだ。

   ◆

「ロキ、出かけるのなら、ついでにこれを返しに行け」
 突然背後からかけられた声にロキが振り返ると、オーディンが立っていた。その手には、ふちに一枚の布がかけられた木桶がある。見覚えがある。
「………」
 オーディンの示す『これ』というのは間違いなく、その木桶と布のことなのだろう。
 それは、数日前にチュールが喧嘩で怪我を負った自分へ持ってきたもの。
 悟った瞬間、ロキの表情が苦いものに変わった。
「自分で借りたものは、自分で返しに行くのが道理だろう」
 拒否の気配を漂わせたロキに、オーディンがすかさず正論を説いて木桶を差し出してくる。
 その通りだ、とロキは頭の中で相手の言葉を肯定したが、受け取ることはできなかった。眼前の『借り物』を睨み付けるように見つめる。
 ――返しに行くなんて嫌だ。
 これを持ってきたチュールの真意が結局わからなかったため、ロキにしてみれば、勝手に持ってこられて返す暇もなく相手が去ってしまったので仕方なく受け取った、という認識である。借りたいと思ったわけではないのに、どうして自分がわざわざチュールの館まで返しに行かなければならないのか。納得できない。
 それにロキはあの一件以来、チュールに会いたくなかった。実際、今まで会っていない。あのときから、チュールのことを思い出すだけでなぜか嫌な気分になるのだ。
「ロキ」
 オーディンが名前を呼ぶ。
 視線が合った灰色の隻眼が、とっとと受け取れ、と無言の圧力を放っていることに気づく。
 受け取らずにこの場を切り抜ける方法は、悔しいことにロキには浮かんでこなかった。
「……わかったよ。返しに行けばいいんだろう」
 ロキはしぶしぶ借り物を受け取った。


「くそ、なんで俺が……」
 愚痴をつぶやきながら、ロキは布を乗せた木桶を片手にチュールの館に向かっていた。
 了承の返事をしてしまったからには、返しに行くのをやめるわけにはいかない。やめたら、オーディンにもっと面倒くさい事態にされそうだからだ。
「くそ……」
 行くしかない、頭ではそう覚悟しているが、気分は全く乗らない。むしろ、目的地に近づくにつれて心も足もどんどん重くなっていく。
「とにかく返せばいいんだ。渡して、さっさと帰ればいいんだ」
 念じるように自分に向かって小声で言い聞かせる。
 そうだ。チュールと他に何かする必要はない。借り物を返せばいいだけなんだ。
 ……出て行く間際に背中にかけられた、「礼を忘れるなよ」というオーディンの言葉は耳に届かなかったことにする。
 それに、チュールが不在の可能性もある。そのときは召使いに渡せばいいのだから、そこまで憂鬱になることはない。
(いや、まてよ)
 召使いで思い出すものがあり、ロキは顔をしかめて木桶に目を落とした。
 これを渡されることになったときの喧嘩の相手は、たしかチュールの召使いだったはずだ。
「………」
 気楽さが一気に減少して、行きたくない思いが増大した。
 もういっそのこと玄関の前に置いてくるだけでいいか、とロキが自尊心を捨てた発想をし始めた頃、目的地が見えてきた。
 視界に入ってきたチュールの館は、ロキが居候しているオーディンの館と比べれば一回り小さいが、それでもアース神族の中では高い神格をもつ神らしい立派な建物だ。
 ロキはさらに強まる引き返したい思いをぐっと堪えて、重たい足を前に進め、玄関に近づいていく。
 残り、三歩、二歩、一歩……、立ち止まる。扉を見据え、呼吸を整え、右手を呼び鈴に伸ばす。
「ロキ?」
「?!」
 できれば聞きたくなかった声が自分の名前を発するのを耳にして、ロキは手を止めた。
 空耳かと一瞬考えたが、周囲に向いた意識が背後にこちらへやってくる足音とたしかな気配を感じ取った。
 ロキは反応するのを躊躇ったが、ここまできて無視をするわけにもいかない。右手を下ろして、表情を苦く歪めて後ろに振り向いた。
「……チュール」
「どうした、何か用か?」
 予想した通り、館の主であるチュールがそこにいた。
(なんでだよ……)
 最悪な事態に内心戸惑いながらも、ロキは手に持っていた布つきの木桶を突きつけるようにチュールに差し出した。
「返しにきた」
「………」
 チュールはすぐには受け取らなかった。眼前のそれが何なのか考えるように無言で見つめてから、木桶を手に取った。
「わざわざすまないな」
「別に……じゃあ、俺はこれで……」
 ロキは一秒でも長くその場にいたくはなくて、適当な別れの言葉を返すと、相手の返事も待たずに足早に横を通り過ぎる。幸いにも、チュールが呼び止めてくることはなかった。
(あぁ、疲れた……)
 歩いてきた道を戻りながら、ロキは安堵と疲労感から深いため息を吐いた。

   ◆

 小さくなっていくロキの後ろ姿を見送って、チュールは返された木桶と布に視線を落としたあと、自身の館の屋根を見上げた。普段なら尖った建物の先は空ばかりのそこに、今は青い背景に映える一つの黒い影がある。
 大鴉だ。
「もしかして、早急に館に帰れとの指示はこのためか?」
 投げかけた言葉に呼応するように、屋根の上の大鴉は翼を広げてチュールのそばまで滑空してくる。
「ゴ苦労サマ」
 そして、無機質な声色で一言発すると上空に舞い上がり、そのまま飛び去って行った。
 チュールは黒の消えた景色から視線を外して、もう一度、手元の返されたものを見る。
(オーディンにはお見通し、か)
 軽い苦笑いをこぼすと、木桶を持って館の中に入った。