アースガルドの神々事情 ‐3‐


「チュールにトールにヘイムダルにロキ。結局、普通な感じになったね。もっとこう、番狂わせ!、的なことがあったら面白かったのに」
 紙面に並んだブロック勝ち抜き戦の勝者の名前を見て、ウルが率直な感想を口にする。
 その声に、同じく彼の隣に腰掛けて、これからの進行を確認していたフレイが手中の書類から視線を横に移動させた。
「貴方がロキを焚きつけたんでしょう?」
 呆れたようにそう言えば、交わった青空の色合いをした瞳が愉快そうな輝きを宿した。
「見てたの? だって、ああでもしないとロキって真面目にやらないじゃん。手を抜かれた試合って、つまらないんだもん」
「貴方的にね。見ていて、巻き込まれていたトールが不憫でした」
「トールはロキと一緒だと、いつもあんな感じだから平気だよ」
「自分の父親なのにひどい言い様ですね」
「父親っていっても義父だよ」
 さらりと述べたウルは終始笑顔で、そこからは普段目にする楽観的な性格ばかりしか読み取れない。
(そういうところは相変わらず上手ですね)
 ひっそりとフレイは感心する。
 生き別れた母親を求めて、ヨツンヘイムからアースガルドに突然やってきて一騒動を起こした張本人である。先の話題に思うところが何もないはずがない。
(まぁ、それは私も同じようなものですが)
 仲間入りしたきっかけも理由も異なるが、似た者同士ではある。だからこそフレイにはすでに、トーナメント戦前の一時間もある休憩時間中にウルが他の場所へは行かず、わざわざ自分のいる主催側用の控え室に来た目的を察している。彼の好奇心が刺激される事柄がフレイ自身にとっては楽しいことであるはずがない、というのも。
 なので、ここは先手を打つことにした。
 フレイは目を通していた書類の大半を必要な順番で整え直すと机の横にあるチェストにしまい、おもむろに椅子から立ち上がった。
「フレイ? どこに行くの?」
 歩き出す前に目敏くウルが訊ねてくる。
 わかっていたからフレイは事も無げに答えを返した。
「医務室へ、スキールニルの様子を見に行くだけです」
「なら、ボクも行く!」
「待ちなさい」
 腰を上げようとしたウルを遮るようにして、すかさずフレイが手元の紙を彼の眼前に突きつけた。それはチェストにしまわなかった三枚重ねの書類だ。最前の紙には黒インクで文章が記されており、下の二枚は白紙となっている。
「なに、これ」
 椅子に収まったままでウルは面食らったように瞬いて、差し出されている書類とそうしている当人を交互に見やった。
「今回の大会における報告書です。参加者として参加しない代わりに書くようにと、オーディン様からのお達しです。あとで困らないように、この休憩時間中に勝ち抜き戦のことを書いておきなさい」
「えー、そんなのあとでも大丈夫だよ」
「そう言って遅れるのが貴方の常でしょう。それと、雑に書いたら書き直しさせますから、そのつもりで」
 唇を尖らせるウルに問答無用とばかりに言い放って、フレイが彼の前の机上に報告書を置いて扉へと歩き出す。
「ねぇ、フレイ、フレイったらー」
 しかし諦め悪く背中へ発せられる呼び声に、フレイは扉を開けた格好で立ち止まった。
「ああ、記入する用紙が足りなくなったら、チェストにありますので好きなだけどうぞ」
 顔だけで振り向いて、己の発言にたいして一言付け加えると、ふくれっ面の相手を尻目に廊下に足を踏み出した。


 前もって用意した盾は、予想通りに効果覿面だった。
 試合で気絶したスキールニルが運ばれた医務室へと控え室から向かう間、目的の部屋の扉の前にたどり着いた今も、ウルが追ってくる気配は微塵もない。
 自らの思考優先で楽しいことが好きな性格の彼ではあるが、別に仕事に不真面目というわけではない。やることはやる。少し大雑把になる嫌いはあるが。
 仕事が好きだとか生き甲斐だとかそういうわけではないから、きっとウルもここに居るために必死なのだろう。半分はアース神族の血を引いているとはいえ実質生まれも育ちも巨人族で、同じ巨人族出身のロキのように神族の主神であるオーディンと義兄弟の契りを結んでいるわけではないのだ。
(その姿勢だけは、私も見習わないといけませんね)
 フレイは思い、前を見据えると、医務室の扉を軽くノックしてから開いた。ふわりと漂ってくる空気に薬草の独特な香りを鼻先に感じながら、中に入る。
「……フレイ様」
 どこか驚いたような声音が耳に届いた。
 左右に二台ずつ並べられた寝台の右側の奥の一台の上に、従者の姿はあった。
 フレイがさっと視線を室内全体にも巡らせてみれば、自分と彼の他には誰もいない。好都合だ。
「スキールニル、けがの具合はどうですか?」
 慌てた様子で寝台から降りようとしたスキールニルを片手を上げて許し、その場に留めて、フレイが彼の傍へと寄った。
「痛みはまだ多少ありますが、たいしたことはありません。ご心配をおかけしました」
 畏まったように背筋を正して、上半身だけを起こした状態でスキールニルが答えた。彼の額から後頭部にかけて白い布がぐるりと巻かれている。
 見た目は痛々しそうだが、フレイは寄越された言が嘘ではないことを相手の様子から見て取った。
「それは幸いです」
「あの……フレイ様」
「何ですか?」
 フレイが微かに眉をひそめる。
 古くからの馴染み深い関係であるが故に、主人である自分にたいしてでも遠慮のない物言いを日頃は平気でする己の従者にしては珍しく、ひどく弱々しい声色だった。あらたまった台詞に合わせて表情も沈んでいる。
「この度は、申し訳ございません」
 スキールニルが深く頭を下げた。
 突然の謝罪にフレイは怪訝を覚えたが、すぐに唯一のことに思い至った。
「大会で負けたことについて、ですか?」
「はい」
「そのことなら、謝罪は不要です。私は優勝を望んで貴方を参加させたわけではありませんから。……聞くところによると、少々無様な負け方をしたようですが。それには目をつぶりましょう」
「………」
 後半の言葉を受けて、顔を上げたスキールニルは間違って苦手なものを食してしまったかのような表情を浮かべた。
 相手の無言の胸中を悟って、フレイは口元に笑みを引いた。
「対戦相手がロキとは運が悪かったですね、スキールニル」
 他の者ならば勝てたのかといえば、それはそれで微妙なところだが、頭部への打撃による気絶で負け、という若干の情けなさの残る負け方にはならなかっただろう。
 フレイは従者の試合を実際には見ていない。が、どのような展開でそうなったのか、あらすじを聞いただけでおおよそ想像ができてしまう。彼の対戦相手の戦い方は独特なのだ。
「……ロキは、こちらの出方を知っているかのようでした」
 スキールニルが思い返すようにぽつりと言った。
 瞬きを一つ挟んで向けられた、思案の気配が揺らめく深い青の中に映った自分自身を見ながらフレイが応じる。
「私達がここに来るよりも前から、彼はアース神族に居ますからね」
「それは……」
 疑問の響きがそこで沈黙する。見つめる瞳がうっすらと曇りを帯びる。
 目の前の彼とはこの地を訪れる前から、ヴァン神族の頃から続く長い付き合いである。フレイのあえて遠回しに返した言葉からスキールニルも、オーディンがなぜこんな大会を催したのか、アース神族の長の意図を少なからず理解したのだろう。
 だから、フレイはここで会話を終える選択をした。
「スキールニル、大会が終わる前に貴方は館へ帰りなさい。残りは、私が引き受けます」
「承知致しました」
 従者の従順な返事の中に誠実な心配を感じ取りながらもあれ以上は何も言うことはなく、フレイは大会の会場のほうへと踵を返した。