アースガルドの神々事情 1


 ひとり森の中にいる銀髪の少年の耳に、頭上のほうから葉擦れの音が聞こえてきた。
 風ではないそれに、少年が木々の向こう側にある山並みの景色から顔を動かせば、深緑の葉に囲まれて一羽の大鴉がいるのが目に入った。
 頭の天辺から尾の先まで艶やかな黒一色の来訪者を視界にとらえて数秒、少年の晴れた空の色をした瞳がほんのり曇りを帯びた。
(ああ、これはあれだよね……。珍しいなぁ)
 すぐに思い当たった可能性に少年は無視をしたい衝動に駆られた。気がつかなかったことにして顔をそらそうかな、と考える。
 だが、動く前に己の名を呼ばれた。
「ウル。シキュウ、アースガルドニ、モドレ」
 鼓膜を震わせたのは、滑らかでいながら抑揚に乏しく、男とも女ともつかない声音。その発声源は他でもない、青色の双眸の先にいる大鴉からだ。
 本来その動物がもつべき鳴き声ではなく人語を耳にしても、銀髪の少年――ウルに驚きはなかった。その顔に滲むのは、わずかばかりあった違う可能性が消え去ったせいの落胆の色である。
 向こうに気づかれているのなら、応えないわけにはいかない。
「急ぎ? 何があったの?」
「シキュウ、モドレ」
「あ、ちょっと!」
 問いかけに返されたのは答えではなく、素っ気ない言葉と羽ばたきの音だった。大鴉は言い終えるや、自分の用事は済んだとばかりに枝から煙ったような灰色の空へと舞い上がり、ウルの自慢の弓矢も届かない場所に去っていってしまった。
「なんだよ……本当、勝手だな」
 げんなりとウルが独りごちる。文句の矛先は飛んでいった黒い影にだけではなく、その飼い主も含まれていた。自分が属しているアース神族の中で、最も高位の神であるオーディンだ。
 神族の長であるオーディンはウルにとっても主と言えるが、あの大鴉のように忠実にはなりきれない。
(こっちの予定も考えてよ。あと、用件ぐらいは先に教えてくれたっていいじゃないか)
 ウルは胸中で愚痴をこぼしながら、来訪者が邪魔をしにくるまで見ていた景色のほうに顔を戻した。
 木々の向こうには、頂に薄い雲がかかった山脈が広がっている。まるで巨大な壁のように連なる山々は壮大ではあるが、目を奪われるほどに壮麗とは言い難い印象だ。輪郭はなだらかな曲線を描くことなく、生物を殺める目的で研がれた剣先のように鋭くとがっており、まるでやって来ようとする者を拒み、威嚇しているかのようだ。
 けれど、荒涼感すら漂うそこを眺めるウルの瞳に恐れはなく、明るい好奇心が宿っている。
(せっかくここまで来たのにお預けか……残念)
 今回はあの山のほうまで出かけるつもりだったが、戻れと命を受けたのなら自分の意思が何であれ、居住地であるアースガルドに帰らなければならない。
 アース神族に所属している者なら嫌でも知ってしまう、己の長の仕事の振り方の横暴さといったらない。こちらの予定など全く関係がない上に、基本的に拒否権というものが存在しないのだ。
 前からわかっていても、当事者になったらやはり大きくため息を吐かずにはいられない。
(……でも、こんなことっていつぶりなんだろう?)
 ふと、ウルは思った。
 こうして外出中に呼び出されるのは、ウルにとっては珍しい出来事だ。よほど手が足りないのか、それとも、自分にしかできないことなのか。後者で物事をとらえれば、不服な気分はいくらか薄れた。
「楽しいことだったらいいなぁ」
 心をのせるようにあえて声に出して、ウルは遠くに鎮座する山脈に背を向けると来た道を戻り始めた。

   ◆

 応接間は訪問者が立ち去ったあとも、妙な緊張感をはらんだ空気のままで静まり返っていた。
 閉じた扉を見据えていた青年の深い青色の双眸が、ゆっくりと手前のテーブルに置かれた銀の杯へ移る。表面に鹿の浮彫細工が施された杯の内側は、黄金色の液体で半分よりも少し充たされている。
「……フレイ様」
 座る椅子の傍らから、どこか躊躇いを帯びた声が聞こえてきた。しかし、青年――フレイは無視して杯を手に取った。自身の髪色に似た黄金の麦畑から作られた麦酒を一口飲み下す。ふわりと鼻腔に香ばしい大麦の香りが広がって、くせのない苦みが喉を流れていく。
 青年は柳眉を微かにしかめた。
 いつもならば美味しいと感じるのに、今は全くそう感じなかった。
「フレイ様、先のお話を本当にお受けになるおつもりですか?」
 再びの慇懃な声に、ようやくフレイは手中の杯から顔を上げて傍らに視線をやった。
 己と同じ色合いの髪と瞳をした男がひとり立っている。交わった相手の眼にはややくすんだ光がにじんでいて、それが憂いだと察したフレイは泰然とした態度で聞き返した。
「ならば、スキールニル。貴方には、私の館にまで出向いてこられたオーディン様からの直々の誘いを、断ることができると?」
「……アース神族とヴァン神族の不戦協定に障る恐れがございます」
 スキールニルの明言を避けた物言いは、フレイにとって予想の範疇だ。
 だから、あえて遠回しを避けて応答する。
「『剣術大会』、ただの遊びですよ。殺し合いではない」
「存じております。ですが、それにフレイ様が出場なさるという点に異論がございます。フレイ様は二族間との戦争において前線で戦っていらっしゃいました。また、アース神族に身を置かれた今もなお、ヴァン神族としての地位は完全になくなってはおりません」
「それはつまり、あの戦争のことで私が復讐でもされると?」
「もしくは、その逆の疑いをかけられる可能性もございます」
「……ここに来てから、貴方はさらに言うようになりましたね」
「主人への進言は従者の役割の一つです」
 揶揄の響きをもった応酬に強い口調で言葉が返された。
 言い切ったスキールニルがまとう雰囲気は鋭く、ただ恭しく主に仕えるだけの者ではないことを雄弁に物語っている。
「素晴らしい従者をもって、私は実に幸せ者ですね」
 フレイは口元に微笑を作って言い、視線をスキールニルから手の中の杯に戻した。表面に彫られた鹿の鼻先から尾のほうへ、人差し指でなぞりながら黙考する。
(さて……)
 スキールニルの言い分は間違ってはいない。ヴァン神族であった自分達がアースガルドにやって来た経緯を含めて考えれば、そう思うのは当然だろう。フレイとしてものり気ではないのだ。戦ではなく単なる遊戯だとわかっていても、昔の記憶がうずかずにはいられない。
 ――自分は彼らの多くを殺し、彼らに自分の多くを殺された。
(わかっている……けれど、今回のことは、感傷だけで決めていいことではない)
 胸中で迷う己に言い聞かせて、内側よりも外側に意識を向ける。
 いつもなら相手を自らの宮殿へ呼び出すあのアース神族の長が、今回の件に関してはわざわざ手土産まで持って相手のほうの館にやってきたのだ。その意味を正しく解釈して、考慮しなければならない。
 フレイは杯をテーブルに戻して、椅子の背もたれに背を預けた。一つに結って左肩から胸のほうに流した金髪が小さく揺れた。
(考えうる最善の答えは……)
 一つの瞬きと一呼吸分の沈黙を置いてから、フレイは口を開いた。
「大会には参加します」
「フレイ様」
「ですが、貴方の言うことも一理あります」
 すかさず返された諫める口調に凛とした言葉を追わせ、フレイは傍らに控える己の従者を見やった。
 まっすぐ目が合うと、スキールニルは何も言わずに少しだけ身じろいだ。
 己とは正反対の疑問と困惑気味な青の双眸をとらえて、そこに導き出した答えを与えてやる。
「大会に私は出ません。かわりに、貴方が出なさい、スキールニル」

   ◆

「剣術大会?」
「そうだ」
 青年が発した驚きと怪訝が入り交じった言葉にたいして、落ち着き払った返事がされる。
「それで、ヘイムダルは参加するか?」
 そう訊ねてきた相手を、青年――ヘイムダルが暗い場所では闇のように沈んだ色合いになる深紫色の瞳で探るように見つめた。
 視界の中心に据えた男の精悍な顔には暗も明もなく、けれど無というには確固たる意志を宿しており、茶色の双眸も瞬き以外で微動だにしない。
(……わからない)
 昨日今日会ったばかりの相手ではないのに、何を思っているのか考えているのか、さっぱり読み取れなかった。
 ヘイムダルは早々に自力で答えを出すことを諦めて、脳内に浮上している疑問を発することにした。
「チュール、この話題に関して、俺の発言の有効性はどれぐらいある?」
「決めるのはおれではなく、オーディン様だ」
「………」
 表には出せないが、だろうな、というのが返答の感想だった。
 結局、目の前の人物はあの最高神の使い走りなのだ。人間達から戦いや軍の神様として崇められ、アース神族において高い地位をもつ者を召使いのごとく使うのはどうなんだ、とヘイムダルは思ったが、それを話題にしたところで無意味な会話になるだろうと察し、自分が気にするべき事柄のほうへ思考を集中させることにした。
 ヘイムダルは顔をチュールから自身の背後に転じた。
 立っている場所から二十歩ほどで地面が終わり、そこから先は表面が陽炎のように揺らめく大きな虹がかかっている。アースガルドとその下にある人間の世界ミッドガルドを繋いでいる虹の橋ビフレストだ。
 その向こう側までをヘイムダルが眺める。橋を渡ってくる者や渡ろうとする者はいない。外から不穏な気配がやってくる様子はない。
 深紫の双眸と茶のそれが再び交わった。
「俺には、アースガルドの見張り番としての仕事があるんだが、それはしなくてもいいのか?」
「オーディン様が『それでいい』と考えているのならば、いいのだろう」
「………」
 ――たかが遊戯にそれでよくはないだろう。
 しかし、すかさずわき上がってきた反論を呼吸とともにヘイムダルは胸の奥へ呑み込んだ。
 代わりに、別の問いを投げかける。
「チュールは、剣術大会をやることに賛成なのか?」
「まあ、いくつかの懸念はあるが、概ねは。普段は知れない奴の戦闘力を測れるし、エインフェリア達にもきっと良い刺激になる」
(……誰のことだ?)
 知れない奴、の言葉に特定の人物にたいする含みをヘイムダルは敏感に感じ取った。
 アース神族の中で一、二を争うほどの戦士であるチュールが関心を寄せている者がいるとは初耳だ。彼の口調から察するに、その対象が指導しているエインフェリアでも、自分でもないことだとわかる。
 ならば、アースガルドでそんなことを言われそうな者とは……。
 考えるヘイムダルの脳裏に、アース神族では珍しい漆黒の髪をした男の姿が浮かんできた。緑がかった碧眼で自分を見るその人物を意識した途端、頭の芯がちりっとひりついた。
(っ、あいつのことなんてどうでもいい……!)
「――もしかしたら、ロキと決着がつけられるかもしれないな」
「!?」
 不意に耳に滑り込んできた、まるで頭の中を盗み見られたかのよう言葉にヘイムダルの物思いは強制的に切断された。
 ヘイムダルは瞠目してチュールをまじまじと見つめる。だが、惑いが明らかな視線をいくら受けても、視線の先の顔は冷静な表情を崩さなかった。
「それで、ヘイムダルは剣術大会に参加するのか?」
「………」
 どこまでも平然とした相手の問いかけに、ヘイムダルは本来の問題を思い出して唇を強く引き結んだ。
 ああ、そうだ。今の相手はそれしか聞く気はないのだ。
(剣術大会、か……)
 面倒くさい、というのがヘイムダルの本音である。力比べに興味はない。己に与えられたアースガルドの門番の役割を疎かにしたくはない。
 ――だが。
 沈黙を破ろうとするかのように、ヘイムダルの背後から強い風が吹きつけてくる。
 陽光の下で薄く紫の色を乗せる自身の髪が視界を遮るのを止めようと、ヘイムダルは反射的に片手で髪を押さえつけた。
 正面にいるチュールは指一本すら動かさない。彼の耳の上で整えられた、黒みを帯びた茶色の髪もほとんど揺らがない。
 ざわめくような草木の葉擦れの音が、わずかな余韻のあとに消えていった。
 ヘイムダルは腕を下ろした。
 無言でチュールが返答を待っている。
 変わらぬ視線を深い色合いの瞳で受け止めて、ため息を一つこぼした。
「……わかった。参加する」
 結局のところ、あの最高神の意思に従う他に道はないのだと、ヘイムダルの中で身に染みていた答えがあらためて出ただけだった。

   ◆

 遠くへ向かい、風を切る小さな音がする。
 次いで、ちっ、と舌打ちが一回その場に落ちた。
「……ロキ、当たったら危ないだろ」
 隣からのやや呆れ気味な咎めの言葉に、碧眼が鋭い視線を返す。
「当てるつもりで投げたんだ」
 けれど、放った石は空に翼を広げた大鴉にはかすりもしなかった。よく見知った不吉の使者は、淡い朱の裏側から忍び寄る夜陰のほうへ紛れ込むように飛び去っていった。
 目標を見失った夕空を一瞥して、ロキが再び舌を打つ。苛立ちはそれだけでおさまることはなく、足元にあった小石に伝播した。
 容赦なく蹴られた小石は地面を勢いよく転がっていき、直線上にある湖へ落ちていった。静謐な湖面に波紋が広がって、そこに映る長い黒髪と短い赤髪の対照的なふたりの男の像を不安定に乱した。
「至急戻れ、ってアースガルドで何があったんだ……?」
「どうせくだらないことだ」
 ロキが隣でつぶやかれた疑問を一蹴した。
 夕日を受けて赤土のような色合いとなった茶色の双眸が、夕空から不機嫌な相手をとらえて怪訝に細められる。
「大事かもしれないだろ?」
「だとしても、俺にとっては面倒事であることに変わりはない」
「ロキ……今日のおまえはいつも以上に機嫌が悪いな」
「トールはいつも通りにお人好しだな」
 ロキが隣に立つ赤髪の男トールに言い返す。はっきりとわかるほどの吐き捨てるような物言いだった。わずかも誉めていない。
 しかし、そんな言い方をされてもトールは別段気にした様子なく、湖に体を向ける相手を見つめる。
「……なんだ?」
 何も言ってこないのに外されない視線が気になって、ロキが顔だけでトールに振り返った。
「いや、文句を言っていたわりには、おまえもシギュンに贈り物をしたがっていたんだな――いってぇ!」
 片足を強かに踏みつけられてトールが言葉を悲鳴に変えた。
 ロキはふんっと鼻を鳴らし、自身よりも背の高い相手を見上げているのにまるで見下ろしているかのごとく睨みつける。
「違う! 俺は、自分勝手に割り込んできたオーディンの奴に腹が立っているんだ! 宝石もシギュンも関係ない!」
 今から三日前のことだ。ロキはトールに誘われ、アースガルドからミッドガルドへやってきた。今回の旅の目的は、人間の庇護を役割とするトールにしては珍しく、人間絡みではなく愛する妻に贈り物をするためのものだ。以前、助けた人間達から貰った装飾品についている宝石を妻がとても気に入ったので、今度は自分の手でその宝石を採って形にして贈りたいのだという。愛妻家と謂われるトールらしい思いつきだ。
 そんな彼にたいしてロキはなぜかといえば、アースガルドにいてもやることはなく、家にいると子供達が遊べとうるさいので、トールについて行くことにしただけだ。
 だから、自分の妻のことは関係ない。暇だからという理由で同行を決めたのだ、が。
「この湖の先だっていうのに……!」
 目的地を目の前にしているせいか、怒りに変わるほどの不満が渦を巻いて止まない。
「ロキ、おまえの気持ちはよくわかるが……戻らないわけにもいかないんだろ?」
 また踏まれないようにか、トールがそっと足を後方に引きながら言葉をかける。
「………」
 碧眼にたゆたう鋭い光が強くなる。しかし、新たな激情は吐き出されない。舌すら打てない無言は、肯定の返事である。
 人間の時間の感覚で例えれば、実感すら危ういほどの遠い過去に巨人族だったロキはオーディンと出会った。現在の世界が九つとなった要因のアース神族の長は、邂逅する前に耳にしていた噂と違わない印象で、ひどく食えない人物だった。そんな彼の導きによってロキがアース神族に仲間入りをし、様々なことを経験した現在となってはオーディンという人物の評価欄には『こいつに関わるとろくでもないことになる』が大きく追加されている。
 そして、もう一つ。
(あの野郎……いつか見てろよ)
 ここで要求を無視をしようものなら、さらにろくでもない事態に陥ることを、悲しいかな、嫌というほどにその身をもってロキは知っていた。