アースガルドの神々事情 2


 かくして、各々がそんな召集の命令を受けて数日後。アース神族の住まう世界アースガルドの中心部にある、黄金色の宮殿グラズヘイムに彼らは集っていた。

「――まず、四名は各自決められたブロックに分かれ、その中で挑戦者から挑戦を受ける形で勝ち抜き戦を行っていただきます。挑戦者に負けたらそこまで。勝者と交代となります。勝ち抜き戦は最後のひとりになるまで行われ、そのあとは各ブロックの勝者同士でトーナメント戦となります。使用する武器については、主催側で用意した剣のみとします。体術は可としますが、その他道具や魔術の使用は不可とし、使用した場合はその時点で負けとなります。また、規定の時間を越えた場合は速やかに試合を中断し、勝敗は審判による判定となります。……以上が、今回の剣術大会の詳細ですが、何か質問はありますか?」
 フレイが手元の資料から青色の双眸を上げて、己の椅子に座らずに立ったままで、周囲の面々をゆっくりと見回していく。
 外観だけでなく室内にも金の装飾が施された広々としたその空間の中央には、主神オーディンの席を最奥にして、その両端から円を描くようにして主要な神のため高座が六席ずつ配置されている。
 しかし、今はその席は半分しか埋まっていない。フレイ、ロキ、トール、ヘイムダル、チュール、ウル、の六名だけである。浮かべる表情は、それぞれ滲ませている感情の程度は異なってはいるが、皆一様に硬い。
「おい、フレイ」
 呼び声に、フレイの視線が一度は過ぎ去った斜向かいの席へと向けられる。
「何でしょうか、ロキ」
「どうして、おまえやウルは参加者じゃないんだ。それに、ここにいない他の奴らは?」
 耳に届いた台詞の中の『四名』には、話す本人ともうひとりの名前はたしかになかった。
 問うたロキの表情や声音には、不満、不服、非難……負色の感情が充ちている。喧嘩腰とも取れるその態度に隣に座るトールが不安げに顔を向けたが、何かすることも言うこともしなかった。話題に上げられたウルを含めて他の者達もよろしくない雰囲気を感じ取ってはいたが、口を挟むことはせずに、寄越される返答をただ待つのに徹している。
 周囲から訝る眼差しをいくつも注がれても、フレイは冷静な姿勢を一切崩さない。
「先程も言いましたが、私は進行役を、ウルは戦いの審判を務めなければならないので、大会の参加者としては参加しません。不在の者に関してですが、主要な者が全員大会に参加してしまうとアースガルドの護りに不安が生じるため、不参加となっています。なので、大会についての説明は不要のため、この場には呼んでいません」
「不公平だ」
「そうは言われましても、私にはどうすることもできません。大会の反対意見なら、主催のほうへ直接どうぞ」
 すかさずの応酬を同じ速さで変化球として投げ返されて、ロキはフレイを忌々しげに睨みつけたあと、微動だにしない相手から話題の矛先を部屋の奥へと移した。
「オーディン、聞いてただろ」
 だが、他よりも一回り大きい椅子に悠然と腰掛けた白髪の男から、言葉はなかった。右側は黒革の眼帯で隠された、灰色の眼でロキの言い分を真っ向から受け止めて、口元に薄い笑みを浮かべただけだ。
 明言されなかった主神の答えだったが、その場に集った全員はひとりとして漏れることなく、すぐに理解に至った。だから、片頬をひくつかせたロキが新たに口を開く前に沈黙は破られた。
「全てはオーディン様が決められたことだ、ロキ」
「そうだよ。ここは諦めて、その怒りを剣にぶつけたらどう? 安心してよ。ロキだろうと誰だろうと、ボクは公平に審判するからさ」
「ロキ、落ち着け」
 諭すようにチュールに、愉しげにウルに、心配そうにトールに、反抗をする間もなく次々と言葉を重ねられて、
「貴方の意見は以上でよろしいですか、ロキ?」
 ようやくロキが開口しようとした瞬間、まるで狙ったように発せられたフレイの面倒臭げな声音が追い打ちとなった。
「っ……」
 ロキは噛みしめる歯の軋みが聞こえてきそうなほどに苦々しげに顔を歪めて、しかし結局は何も言わずに、腕を組んで誰からもそっぽを向いた。オーディンの隻眼もそこで彼から離される。
 それで、場合によっては長時間にも及ぶことになるふたりの言い合いが回避されたのを見て取って、フレイは本筋の進行を再開した。
「他に質問はありませんか?」
 しばし待ったが、上がる声はない。
「なら……これで終わりで、かまいませんね。ヘイムダル?」
「!」
 突然名指しされて、ヘイムダルは静かにひそめていた眉を跳ね上げた。淀みない青の瞳に、相対する深い紫のそれが怯んだように数回忙しく瞬く。
「私の答えに何か言いたげに見えましたが」
「いや……大丈夫だ」
「……そうですか」
 若干上擦っていたヘイムダルの返事を受けて、しばしフレイは真意をはかるように相手を見つめていたが、あれ以上の追求はすることはなく静かに視線を外した。たいしてヘイムダルは居心地悪そうにしながらも、金髪の彼を視界から消せないでいた。
 辺りを窺うような短い沈黙を挟んで、グラズヘイムに朗々と言葉が響く。
「では、これをもちまして、剣術大会の説明は終わりとします。各自、三日後指定の会場に遅れることなく来ること。なお、不当な理由や無断の欠席をした者には罰則が課せられます。以上、解散」

   ◆

 磨き上げられた鋼の身が照明の光を鋭く反射する。外見も重量感も、それは普段使用している『剣』そのものと何ら遜色ない。これが切ることが不可能なお遊び用の剣だと聞いて頭でわかっていても、実際に手に取ってみても、いまひとつ実感がわいてこない。
「……おい、トール」
 偽造品を防ぐために大会当日に初めて明かされた武器を手にしてしげしげと眺めていたロキは、ふと思いついて、離れた場所で素振りをしているトールを呼んだ。
「なんだ? ロキ――、っ! うぅぅ……」
 油断しきったトールが自分の間合いに入った瞬間、ロキは躊躇うことなく、視線の先の胴に鋼の刃を直撃させた。
 呻いて腹を押さえて上体を折った相手と手中の剣を見比べて、ロキが納得の感想をこぼす。
「ああ、本当だ。切れないな」
 柄を握る手のひらにはたしかに肉の手応えがあったが、血は全く出ていない。だが、痛いのには変わりなさそうだから絶対に当たらないでおこうと、ロキは思った。
 性能を把握するロキの傍らで、トールがゆるゆると頭だけを上げる。
「ロキ……やるのならやると、先に言え!」
「言ったら、やめろって拒むだろ。それに、知らせないでやるからこそ、試すことに意味があるんだ」
 罪悪感の欠片もなくしれっと言い切ったロキに、トールは苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる。
「ロキ。試合前に参加者にそんなことしてると、失格にするよ」
 戒める口調で発せられたその台詞は正面からではなかった。ロキは見上げる赤髪から、近づいてくる銀髪の存在へ顔を動かした。
 視界の中央でウルが足を止める。トールよりもロキから遠い位置で立ち止まったのは、彼の剣を警戒してのことだろう。
 胸に大会の主催側であることを示す、交差する剣の模様が描かれたバッジをつけて両手を腰に当てている、自分よりも背の低い相手を見てロキは顔に不満を形作った。
「おまえは楽しそうでいいな」
「そう? 大舞台にボク、今、とっても緊張してるよ」
「どこがだよ」
 にこりと笑って応えたウルに返すロキの棘が増す。
「やっぱり不機嫌だねぇ、ロキは。シギュンに格好いいところを見せられる良い機会なんだから、もっと張り切ったら?」
「なんでそこであいつが出てくる。そもそもシギュンは観に来ない」
「えっ、ついに見捨てられたの?」
「俺が来るなって言ったんだ!」
「負けて格好悪いところを見せるのが嫌だから?」
 急速に緊迫したふたりの間に、鋼の一閃がきらめいた。
「ロキ!」
「あっぶないなー」
 慌てたトールに肩を強くつかまれてもロキは彼を一瞥もせずに、剣を振りかぶった体勢で、一撃を跳び退って避けたウルを睨みつける。
「これ以上ふざけたことを抜かすなら、今度は当てるぞ」
「審判にそんな態度をとっていいと思ってるの? ロキ、本当に失格にするよ」
 交わるのは、低い声音、鋭利な眼光。
 対峙するふたりにはどちらも引く気配はない。
 トールが頬を強ばらせる。
「ふたりとも――」
「なーんてね。それじゃあ面白くなさそうだから、やめておくよ。ふたりとも頑張ってね」
 緊張を生み出す姿勢から一転して、不安げなトールの発言を明るい語調で遮ったウルは一触即発の場から交わらせていた視線を解いた。
 くるりと背を向けて軽快な足取りで去っていく相手を、ロキは引き留めも追いもしなかった。
 けれど、離れていく銀髪の彼を睨み据えたままだ。
(ウルの奴……)
 ロキは剣を引くと同時に腕を回すようにして肩からトールの手を振り払って、意気揚々と去っていった彼の鼻を明かしてやることを決意した。

   ◆

 剣術大会の会場は、普段エインフェリアが鍛錬するときに使用している建物が選ばれた。そこは、神々が集会に使うグラズヘイムと比べると実用性を重視しているために装飾は控えめだが倍以上の規模があり、主要の部屋となる鍛錬の間は仕切りのない広々とした空間で、三つの試合場が設けられている。
 現在は、そのうちの二つから剣戟の音色が響いている。選ばれた四名と挑戦者による勝ち抜きブロック戦が行われているのだ。一つのブロックずつではないのは、単に時間短縮のためである。
(さっすがチュールとトールだな。もう終わちゃった)
 先程まで見ていた試合を思い出して、自然とウルの唇が緩やかな弧を描いた。
 ウル自身は剣での戦闘は好んで行わないが、見るのは好きだ。それが腕に覚えのある者達の戦いならばなおのこと。また、戦いに生死が関わらないというのも、人間達に呼び止められるときと違って気楽に見れて良い。
(ヘイムダルとロキはやっぱり同じぐらいの実力なのかな? 大体勝ち抜く速度が同じだ)
 普段知る機会のない人物の実力を己の目で把握できるのも面白い。
「次は、どーんな感じかなっ、と」
 わき立つ気持ちに合わせて言葉とともにウルが小さく飛び跳ねる。
 しかし、隠さぬ喜色とは逆に、進めている足はどんどん試合場から遠退いていく。会場の奥へと向けられた歩みの先には、一つに結った金髪を片側の肩に流した、自分よりも濃い青色の瞳をした青年。
「フレイ!」
 大会主催側の関係者らしきひとりとの会話を終えて、手に持つ書類に目を落としたフレイが呼んだ名前に顔を上げる。
 たん、たん、たんっと残りの三歩の距離を踊るような足運びで床を踏んでウルは立ち止まり、あらためて視線を合わせれば、少し訝しげな眼差しが返された。
「どうしたんですか、ウル」
「進行役さまにご報告に来た。ボク、休憩が終わった次から、審判の担当をヘイムダルからロキに交換してもらったから」
 神の性質としていくら決闘の審判としての役割をもつウルだとしても、さすがに同時に行われる複数の試合を見ることはできない。なので、他にも審判役がいる。贔屓を避けるために一ブロックに一名が専用にではなく、途中で交代する仕様になっている。
「また貴方は勝手なことを」
 フレイの咎める口調にウルはあっけらかんと言い返す。
「いいじゃない。ヘイムダルなら心配ないよ。真面目だから」
「ウル」
「だって、ロキとスキールニルだよ。フレイはわくわくしないの?」
「とくには」
「自分の従者なのに?」
「参加しろとは言いましたが、優勝しろとは言っていませんので」
「ふーん」
 軽い感心を発しながらも、ウルの頭の中に引っかかる事柄が浮上する。
 フレイが最初から進行役として大会への参加を打診されたわけではないことは、風の噂で聞いていた。けれど、彼の従者が出場して、彼が参加を止めた理由は知らない。
 知りたい、とは思う。
「何ですか?」
「ね、スキールニルって強いの?」
 ――けれどあれは、あまり良くない話題らしい。
 見つめる先の瞳と声色から、即座にウルは問いを変えることを選択した。
 だが、その思考をフレイは察したのか。数秒、見定めるような間を挟んでから、普段の冷静な口調で受け応えた。
「強い部類には入るでしょう」
「ロキよりも強い?」
「それは、自分の目で確かめたらどうですか」
 言い終わったとき、涼やかな鐘の音が二回響いてきた。休憩終了の合図だ。疲労により、後半の挑戦者のほうが有利になってしまうため、定期的にとることになっている。
「貴方の勝手について、今回は特別に見逃してあげます。だから、早く持ち場へ行きなさい」
 落ち着いた物言いであったがそこに宿るのは寛大な意思ではなく、「私の進行の妨げるのであればただではおかない」という脅し文句が込められていることを悟れないほど、彼との付き合いは浅くはない。
(フレイも機嫌よくないなぁ)
 いくらか好奇心が疼くが、ここで本格的に彼の怒りを買うことは得策ではない。
「ありがとう。行ってきまーす」
 笑んで、ウルは試合場のほうへ、フレイの見張るような視線に見送られながら足を向けた。

   ◆

 休憩が終わり、床よりも二段分高い正方形の試合場へと上がったロキは、視界の端に銀髪の彼をみとめて、舌打ちをしたい衝動に駆られた。
(また、ウルが審判か)
 始まってからの数試合もそうだった。彼を見るとつい、大会が開会する前のやりとりが脳裏を過ぎって苛ついてしまう。
「――相手、スキールニル」
 耳に滑り込んできた言葉に、ロキは己の胸中から前へと意識を移した。
 試合場に上がってきたのは、険しい面持ちをした短い金髪の男だ。
「まさかおまえが参加するなんてな」
「フレイ様のご命令です。貴方が主神の義兄弟とはいえ、加減はいたしません。全力でお相手させてもらいます」
 主人に似た落ち着いた態度ではあるが、瞳は深い海の色とは逆に照りつく日差しのような熱い闘気を宿している。
「けがしても、俺のせいじゃないからな」
 素気なくロキは言い、不正を仕込めないようにと大会側によって始まる直前に試合場に置かれている剣を拾い上げる。同じようにスキールニルも剣を手に取って、再び互いを見据え合った。
 空気が張り詰める。
 離れたところから聞こえていた剣戟の音色が聴覚から遠退いていく。
 静寂。
「――はじめ!」
 開始の合図に最初に応えたのは、スキールニルだ。駆け出し、迷わずロキの間合いに入り込み、剣を下段から肩口に向かって振り上げる。
 迫り来る鋼をロキは一歩後退することで回避した。
 黒髪の一本にも振れられずに空を切った剣は、しかし留まることはなく、新たに踏み込む足とともに相手を追う。
 今度は上段からの刃を同じようにロキはかわして、さらなる連撃も最小限の動作で避けていく。その間、碧眼はスキールニルをまっすぐにとらえ、剣を握る右腕は体の横に垂らされたままで動かない。
 その攻防は端から見れば、勢いのある攻めにたいして反撃に転じあぐねているようにも思える様子だが、ロキは至って平静だ。この攻防にわずかな焦りも感じてはいない。
 彼は見ていたのだ。
(……ああ、そうか。フレイの奴と似ているのか)
 眼前の剣筋にたいして覚えていた違和感に、ようやく腑に落ちる感覚があった。
 わかってしまったのならば、対処は容易い。
 胴めがけて振られた剣を避けるや、ロキは相手の首元に向かって自身の剣を躊躇なく突き出した。
 ガキッ、と鋭い金属音が響く。
 直進させた剣先が狙いから大きくずれる。
 ロキの攻撃は、横から打ち付けられたスキールニルの剣によって弾かれてしまった。反動によろめくように半歩、ロキの片足が後方に下がる。
 ここぞとばかりにスキールニルが距離を詰める。
 ふたりの間で鋭利な鋼がきらりと白い光を放った。
「くっ……!」
 小さな呻き声。顔を苦痛に歪ませたのは、ロキに攻めにかかったスキールニルのほうだった。痺れるように開かれた手から剣が滑り落ちて、後を追うように体も試合場の上へと沈んでいった。
 スキールニルが勝負を決する一撃を繰り出すよりも先に、ロキが手首を返して剣の柄で相手の手の甲と側頭部を強打したのだ。
 試合場が静まり返る。沈黙の中で十の数を超えても、倒れた彼の閉ざされた瞼も、投げ出された手足も微動だにしない。
 ロキは足元で気を失ったスキールニルを見下ろして、得意げな笑みを浮かべた。