アースガルドの神々事情 4


 会場内に断続的に響いていた重々しい剣戟の音色が、不意に変わった。
 突然の、空気を引っかいたかのような耳をつんざく高音に観衆の肌が粟立つ。
 振り下ろされたトールの剣をチュールが自身の刃で受け止めた直後、巧みに滑らせたのだ。
 トールが短く唸って茶色の眼を瞠目させる。振るった剣はこめられた力を持て余した状態で鋼の上から宙へと流れていき、そのままあらぬ方向へと使い手を翻弄する。
 チュールは冷静沈着に、眉一つ微動だにさせることなく、呼吸一回分にも満たない間に剣を引いてから、当惑している相手の胴を強かに切りつけた。
「うっ……!」
 トールの瞳がさらに大きく見開かれ、瞼が小さく震えて落ち、がたいの良い体も下方へ崩れる。
 鈍い音と硬い音を境に周囲のどよめきも消え去って、静寂に包まれた。
 チュールは間合いをとって無言で対戦相手を注視する。
 トールの指が微かに動いたが、その体は起き上がらない。
 そうして、試合場の攻防が止んでからきっかり十秒後。
「――勝者、チュール!」
 停滞していた場内の空気が一気に歓声にわいた。


「うーん……。腕っ節には自信があったんだがなぁ」
「はっ。おまえの場合は腕力だけだろ」
 試合場から降りてきて脇腹をさすりながら残念そうに言ったトールに、ロキがすかさず揚げ足を取るような言葉を放った。
 しかし、受けたトールに不快の色は少しも浮かばない。逆に、不思議そうな表情でロキを見やる。
「どうした? 緊張してるのか?」
 今日の彼の機嫌が斜め下だということは、開会前のウルとの出来事からわかっている。だが、今の彼はなんだか、勝ち抜き戦をしていたときよりも降下しているような気がした。
 違和感を覚えたトールはとりあえず、最も始めに思いついた理由を口にしてみたのだが、ロキに剣先のように鋭利な眼で睨まれてしまった。
「……違うのか?」
「なんでわからないんだ?」
 発せられている怒気には不満と不服の両方がある。問う前よりも少しそれが濃くなったのは、きっと自分のせいだろう。
 そこまでは、トールにもわりとすぐにわかった。
 黙考に耐えかねたようにロキが舌を打つ。
「相変わらず愚鈍な奴だな」
「そんなこと言われてもなぁ」
 トールが赤髪の頭をかく。ロキとは、彼をアース神族に仲間入りさせた主神に次いで付き合いが長いが、如何せん、知能派の彼と肉体派の自分とでは思考回路が異なっている。
 さてどうしてなのか、とトールは答えを探すために視線を周囲へと巡らせて、しかし試合場の状態に気がつくと元に戻した。先程まで自分が居たそこに新しい剣が置かれたのを見たのだ。
「もうすぐおまえの試合だぞ。今は、試合のために気を落ち着かせないと」
「わかってる」
「ロキ、そろそろ始めます。試合場へ上がりなさい」
 芯の強い声に呼ばれて、結局苛立ったままでロキが顔を試合場に移して歩き出す。
 彼が、相手の心境などおかまいなしに指示を出した進行役のフレイに当たらないかとトールは心配になったが、それは杞憂に終わった。
 ロキの双眸はまっすぐに、同じく試合場に立ったヘイムダルに向けられている。
(……面白いが、嫌な組み合わせだな……)
 対戦の組み合わせを最初に知ったときにもそう思ったが、実際に目にするとはっきりとした不安の感情がこみ上げてくる。
 ロキとヘイムダルの不仲はアース神族ならば誰もが知っていることだが、トールはふたりの喧嘩の近くによく居合わせてしまっているがために、対峙する様子を目にするとつい苦い顔になってしまう。
(今日ぐらい、面倒なことにならないといいんだが……)
 新たな心配事の到来に、トールは痛みが引いてきていた腹部がまたずきりと痛むのを感じた。

   ◆

 試合場から剣を拾って、再び碧色と深紫色の二種の双眸が向かい合う互いをとらえる。
 ロキはゆるりと口角を吊り上げた。
「けがをする前にやめるのなら今のうちだぞ、ヘイムダル」
「それはこちらの科白だ、ロキ」
 険しい面持ちで応酬したヘイムダルが剣をかまえる。
 ロキの表情からすっと笑みが消えた。
 しんとした会場にこれまでの対戦とは少し異なる、殺気にも似た気配が充ちていく。
「――では、はじめ!」
 凛とした声が開始を告げて間もなく、硬質な音が辺りに鋭く鳴った。
 ロキとヘイムダルがほぼ同時に駆け出して、剣を幾度も打ちつけ合う。両者とも攻められればかわし、受け止め、いなし、そこからほんの一瞬を見計らって恐れることなく攻撃に転じる。容赦のない激しい攻防に、文字通りふたりの間で火花が散る。
(……鬱陶しい)
 押しては返される状況ばかりに煩わしさを覚え始めたロキは、相手の態勢を乱すべく、剣の振り方を変えることにした。先程までなら上半身を狙っていたはずの一撃の軌道が、上方へと変化する。
「!」
 型を唐突に変えるなど普通ならばしない。変則的なロキの攻撃に、ヘイムダルが頬を微かに強ばらせる。それでも対処しようと体を動かす。
 しかし、先読みをしたあとだったのだろう。肩口に迫る刃を弾いて防ぐことはできたが、動作の終わりに大きなすきが生じてしまった。
 ロキにとっては狙い通りだ。攻撃の手を休めずにすぐさま上方から切り込みにかかる。
 だが、ヘイムダルの反応はスキールニルよりも素早かった。膝を落とし、下から鍔際の刃の部分で振り下ろされた剣を受け止める。
「っ、!」
 硬い振動。機転のきいた守備にロキが思わず怯んだ。
「はあっ」
 ヘイムダルは気迫のかけ声とともにロキの剣を押し返して、鳩尾へと己の剣を突き出す。
 ――近い、避けきれない。
 感づいて、ロキは左腕を盾にした。
「くっ……」
 噛みしめる歯の隙間から苦痛の呻きをこぼしながらもロキは、相手の剣を持つ腕を狙って反撃する。けれど、一瞬早くにヘイムダルは後方に跳び退いてそれを避けた。
 目標を失い宙を切った剣をロキは自分のほうに戻して、大きく間合いを空けた相手を追わずに、己も一旦崩れかけた体勢を整えることを選んだ。
「……やってくれたな」
 痺れるような痛みを発している左の手をたしかめるように開閉して、ロキが忌々しげにヘイムダルを睨む。
「この借りはきっちり返させてもらうからな」
「やってみろ。おまえだけには負けるつもりはない」
 睨み合い。
 沈黙から一転、空気が再び動き出す。
 先に動いたのはロキだ。ヘイムダルはその場で相手を迎え撃つ。

   ◆

「わぁー、ロキもヘイムダルもまだまだやる気満々だねぇー」
 試合開始からかれこれ三十分が経過したが、試合場のふたりの勢いは未だに衰えない。実力は拮抗していて、決着がつきそうな予感すらしない。
 しかし、もうそろそろ規定の時間になる、が。
 ウルは隣に立つフレイを見上げた。
「フレイ。これ、自然に終わるまでそのままにしといたら、だめかな?」
「だめです。審判が規則を守らないでどうするんですか」
「はーい」
 高揚感が滲む発言にフレイが視線だけを移して厳格に言い返すと、そう言われるとわかっていたのだろう、ウルが残念そうにしながらも試合場へ向き直った。
 そして、さらに数分間、ロキとヘイムダルの戦いを見届けてから、彼らに向かって口を開いた。
「ロキ、ヘイムダル、そこまで!」
 高らかな試合終了の宣言が会場内に響く。
 しかし、数秒待っても剣戟はやまない。
「ちょっと、ロキ、ヘイムダル!」
 二度目の呼びかけにも、試合場の動きは止まらない。そもそも、ふたりのうちの片方の片目さえも向けられてはいない。
「………」
「……終わりませんね」
「もーっ、しかたないなぁ!」
 くるりとウルが背後に振り返ってしゃがみ込む。
「ウル?」
 フレイもそちらに顔をやれば、疑問の視線の先でウルは床に置いてあった、自分の身長の半分はある縦長の革袋の口を開けた。躊躇せずに中に手を突っ込んで取り出したのは、弓矢一式。
 ここでそんなものを手にする理由は、すぐに思い当たった。
「もしかして射るつもりですか?」
「大丈夫だよ。命は奪わないようにしてあるから」
 問いを肯定の説明で返したウルが持ち上げて見せる矢は、なるほど、先端が通常の尖った矢じりではなく布で包まれた球体になっている。
「できるだけ穏便にお願いしますよ」
「任せて! 一発で仕留めるから」
「………」
 嬉々とした様子には似合わない物騒な言葉に、フレイはあえてこれ以上言及することはやめておいた。顔を彼から正面に戻す。
 若干苦い表情を浮かべる進行役をしりめに、ウルは矢を二本つがえると試合場へ狙いを定めた。
 丸い矢じりの向こう側でロキとヘイムダルの剣が繰り返し交り合う。一旦離れはするだけで、やはり終わりには至らない。
 弓矢をかまえるウルの周囲の雰囲気が、狙う先とは異なる緊張感をはらんで引き締まる。
 試合場のふたりが何度目かの距離を縮め、ウルの呼吸が一つ落ちる。
 同時に弦から指が放された。
 ひゅっ、と風を切る軽い音。それに続き、鈍い音色が剣戟の代わりに試合場の空気を震わせて、そのあとはすっかり沈黙した。
「はーい、これにて試合しゅーりょー!」
 手中が弓だけとなった左腕を高く上げて宣言したウルのあとに、歓声はなかった。会場内はきょとんとした雰囲気が漂っている。
「まさか、剣術大会で貴方の神業が見られるとは思いませんでしたよ」
 呆れた物言いをこぼしたフレイの青の瞳や他の多くの双眸がとらえる試合場には、ウルが放った矢によって倒れ込んだロキとヘイムダルの姿がある。命中した瞬間、呻くこともなく、まるで吊っていた糸を切られたようにその場にばたりと伏した。小さく上下する背中から彼らは死んではいないようだが、これはしばらく起きそうもない。
 フレイが弓を革袋にしまうウルに問う。
「それで、勝者はどちらなんですか?」
「ふたりとも負けだよ! 審判を無視したから!」
 顔だけで振り向いてきっぱりと言い放ったウルは、先程に元気よく華麗な弓の腕前を披露していたのが嘘のように不機嫌一色だ。
「……わかりました」
 ずいぶんと私情が入り込んだ判定だが、ふたりが時間を過ぎても決着がつかず、大会の規則に反したのは事実だ。
 それにフレイの役割は進行である。審判の答えを尊重することにしたフレイは、鍛錬場という会場には不似合いな、特別に設えられた観客席のほうを向いた。
 察したように、白髪の人物が灰色の隻眼で真っ直ぐに見返してくる。
「オーディン様。現在の試合は、ロキとヘイムダルの両者とも負けという判定がされました。そのため、次の対戦相手が不在となり、チュールの優勝が決まりますが、如何いたしますか?」
 最終的に決定を下すのは、結局のところ主催者だ。
 オーディンはフレイとは反対側へ顔を動かした。片目が据えたところには、相変わらず思考の読み取りにくい表情で佇んでいるチュールがいる。
 ふたりの視線が絡む。しかし、どちらも何も言わずにそのまま十秒が経過して、交わりは解かれた。
 オーディンが再びフレイを見やって、ようやく開口する。
「なら、ロキとヘイムダルの代わりに、フレイ、おまえがやればいい」
「!」
 会場内がざわめく。
 フレイは驚きながらも、それが表に出るのをとっさに堪えた。相手に返す言葉は、すぐに見つからない。
「えっ、フレイがチュールと戦うの? ボクそれ、賛成!」
 機嫌の悪い部分を放り出してはしゃぐようにウルが言えば、たちまち周囲も期待の色を帯び始める。
「やるか?」
 オーディンが問うてくる。
「……わかりました」
 フレイが口にできる返事は、すでに一つしかなかった。

   ◆

 先程まで他人事のように感じていた、高揚した雰囲気が肌にひりつく。
(こんなことになるとはね)
 陥った現状に嘆きを通り越して、フレイが内心でため息を吐く。
「フレイ! 準備できたよ!」
 聴覚に飛び込んできた明るい声色に顔をやれば、試合場から降りてくるウルが視界に入った。軽く跳ねるような足取りで、鼻歌でも歌いだしそうな上機嫌の表情をしている。
 あまりこの場所で感情を露わにしたくないフレイだが、さすがに少し苛立ったのでひっそりと銀髪の彼を睨みつけた。それにウルは気づいたように一瞬目を大きくしたが、陽気さをわずかも損なうことなく、さっさと審判の定位置へと行ってしまった。
(まったく……)
 彼にもしてやられた感が否めない。だが、後戻りは許されないだろう。
 不快に疼く心を鎮めるため、フレイは一度ゆっくりと深呼吸をしてから、試合場に足を向けた。
 チュールはすでにそこにいた。試合場に上がったフレイを見たあともその表情に変化はない。落ち着いた様子ながらも、そこには穏やかさではなく、歴戦の戦士としての威圧感がある。
 ――そう、今回の大会で行われた、どの試合よりも強く。
(いや、私だからそう感じるのか)
 初めて彼と出会ったときは敵として、戦いの真っ只中であったから。
 しかし、今はあのときとは違うのだ。必要以上の緊張はいらない。
「よろしくお願いします、チュール」
「こちらこそ、フレイ」
 挨拶をかわして、互いに決勝のための剣を手にした。


 数回の攻防で、おおよそ相手の力量はわかるものだ。
(やはり、強いですね)
 フレイが実感する。横薙に振るわれたチュールの剣を受け止め、他方に滑らせて反撃に出ようとしたが、一息先に次の攻撃へ移られてしまった。
 右腕はフェンリルによって噛みちぎられてしまい左腕だけとなってしまった現在でも、その強さはアース神族の中で一、二を争うと周囲から賞賛されている軍神チュールだ。一筋縄では行かない。
 下方から迫ってきた刃をフレイは紙一重で避けて、横合いからの一撃を自身の剣で弾くと、恐れずに間を計って突きを繰り出した。
 しかし、切りと比べて速度の速いその攻撃でも、チュールは前もってわかっていたかのように無駄のない動きで、剣が届かない位置にまで後退した。
 すかさずフレイは追う。攻めの手を緩めても相手を休ませるだけだ。チュールの戦い方は今までから知っている。
 剣戟の高い音が鳴り響く。どちらも互いに引けを取らない。
 だが、このまま打ち合い続けて先に体力に限界がくるのは自分のほうだろう、とフレイは悟る。
(どうしたら、勝てる?)
 勝機を探して、深い青色の眼が鋭くなる。
 自分の剣を振り相手の剣を払ったとき、視界の中に微かな綻びを見つけた。
 横からチュールの剣を上方へと除けたとき、脇腹の守りが甘くなる。一歩踏み入って、そこを切り込めば……。
 胸が高鳴る。本能が指示を出す。体が動く。
 相手の刃を描いた通りに払う――だが、突然ちらりと脳裏を過った赤い映像がそこから先の動きを遮った。
(! あれは……)
 フレイがはっとする。一瞬見えたのは、過去の出来事だ。
 認識した途端、本能に託されていた肉体の動作が意識に制御される。
(そうか、あのときと同じ手か)
 対峙するチュールの双眸が意外そうにほんの少し揺れたのをとらえて、フレイは己が誘い込まれていたことを確信した。
 けれど、苛立ちも悔しさもわいてはこなかった。逆に気分は急速に冷めていき、自分達の過去と現在をあらためて思い出す。
 これは戦争ではない。ただの大会だ。大切なのは勝つことではない。
 たとえ、目の前の相手が過去に己の親友を殺した人物だとしても。
(感謝します――)
 久しぶりに友の名前を胸中でつぶやいて、フレイは足を踏み込んだ。だがそれは、先程本能が命じていたのとは別の瞬間。
 胴を狙った攻撃は、しかし、横に回り込まれる形でチュールに回避されて、きらりと鋭い銀光がフレイの左目の端に映った。
 とっさにフレイは左足を軸にして、右手の剣を見えたそちらへと振るう。
 二つの刃が勢いよくぶつかり合って、硬質な響きが空気を震わせた。
 会場全体が息を呑む。
 張り詰めた静寂に、キンッ、と高い音色が鳴って、再び静まり返った。
「………」
 フレイは痺れの走った右の腕に目をやって、視界の状態に短い吐息をこぼすと、チュールのほうに伸ばしていた剣を自身のほうへと引いた。
「これではもう戦えない。私の負けですね」
 フレイの持つ剣は刃の半ばから上を失っていた。交わった衝撃に耐え切れずに折れたその残骸は、ふたりから少し離れた試合場の隅で照明の光を映しこんでいる。
「そうだな」
 刃が小さく欠けた自身の剣を一瞥したチュールは肯定の返事をしながらも、何か問いかけるような眼差しでフレイを見つめた。
 茶を深い青がまっすぐに見返す。
 フレイには抱かれた疑問についてわかったが、答えることはしなかった。折れた剣を足元に置いて、無言のままで彼に背を向け、試合場を降りた。
「――勝者チュール! よって、本大会の優勝者は、チュール!」
 その一言で、茫然とした空気が漂っていた会場は歓声に包まれた。
 そうして、今までの緊迫感はどこへやら。終始陽気な雰囲気の中で式が行われ、剣術大会は何事もなく閉会した。